虫歯や歯周病と口臭の関係

12/02/2020 オフ 投稿者: haredo

まず始めに虫歯とはなにか?についてです。

http://ihostdz.com/

ミュータンス菌が歯を溶かしていきます。

歯の構造としては、血管、神経、歯根膜、歯槽骨、歯肉、象牙質、エナメル質です。

ミュータンス菌が、エナメル質を溶かして虫歯になります。

虫歯になると歯が茶色になり、やがて黒色になり腐っていきます。

虫歯の予防としては、フッ素入りの歯磨き粉を使用したり食べた後に歯磨きをしたりすることも大事です。

次は、歯周病です。

歯周病とは何か?

細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

掃除が行き届いていいないと細菌が停滞して増殖し歯肉が炎症して赤く腫れあがります。

進行して、歯槽骨が溶けて歯茎が柔らかくなり歯が動いて最後は抜歯をしないといけない状況になります。

歯周病の進行させることの例を挙げてみましょう。

歯ぎしり、くいしばり、噛みしめ、ストレス、不規則な食生活、喫煙など身近にあるものばかりです。

歯周病の予防としてなにがあるか?

歯の磨き方、食生活の見直し、アルコールやたばこはほどほどにする、免疫力をアップさせる、定期的に歯ブラシを新しいのに代えるなどがあります。

最後に口臭についてです。

口臭とは?

口の中にバクテリアが繁殖することによって発生する不快な臭いです。

原因としては、虫歯と歯周病と同じです。

ドライマウスという口の中が乾燥しているときに起こります。

以上です。